2011年5月9日パリ モンソー公園

映画業界で活躍中のヴジェニー

■映画業界でどんな仕事をしているの?

映画には、スケジュールや撮影地や撮影スケジュールを決めたりと、色々とオーガナイズすることがたくさんあるの。
そのもろもろをオーガナイズするのが私の仕事です。でも、全てを仕切って決めるにはまだまだ経験が必要なの。
だから、いつかは全てのスケジュールを私が決められるポジションにつくのが私の夢ね。

■どうして映画の仕事を選んだのですか?

映画の仕事をしたいと思ったのは、学生の時。学校に色々な職業の人が話をしにくるワークショップの様なものがあったの。そこで、映画で働く人が実際に仕事について話をしてくれた時に、すばらしい職業だと思ったの。

■日本に行ったことはありますか?

もともと旅行が好きで、バックパックを背負ってもちろん日本にも行ったわ。青森県ではねぶた祭り、秋田県では、竿灯祭りを見ました。高野山のお寺で泊りがけの禅体験もしました。お寺での朝食は、フランスの朝食とは全く違って甘いものがでなくて、フランスで毎朝食べてるヌテラ(チョコレートクリーム)が恋しくて仕方なかったわ!日本に行って感じたことは、人も、環境もとても静かだったこと。そして、歴史とハイテクの入り混じった国でとても興味深いわ。

■日本語を勉強しているんですか?

今、スカイプを通じで日本人の女性と話して日本語を勉強しているの。話せるまではまだまだだけど、自分の名前をカタカナで書けるわ!

■好きな日本映画はありますか?

もちろん北野武、そして、学生の授業で観た黒澤明の映画も好きです。

■ショッピングはよくしますか?

買い物する時は一気にするし、しないときは全然しません。買い物する時は、お母さんと一緒に買い物する時や、セールの時。そしてインターネットでも買い物します。

■休みの日は何をしてますか?

映画を見てることが多いわね。美術館に行くのも好きよ。最近行って面白かった美術館はグランドパレであったダマシ絵の展示です。

■恋はしてますか?

6年間付き合っている彼がいて、先日一緒にアパートを購入しました。
彼は、ユーモアがあって、かわいい人よ。長続きの秘訣? あえて言うなら、お互い一人の時間を大事にすることかな。
ずっと一緒にいるのも素敵だけど、週末でもあえて、お互いに過ごしたいように各々で過ごしたりしています。
近い将来結婚したいと考えてるわ。結婚するということは、家族になるということ。だから、結婚というつながりは大切だと思うの。

■座右の銘

「気持ちで負けるな!」
おばあちゃんによく言われていた言葉です。

すらっとした美女なのに、とてもサバサバと話をするのが印象的なヴジェニーさん。映画の話をする時の目がキラキラしていたのが印象的でした。