2011年10月15日 ドイツ・デュッセルドルフ

japan tag picture

【お知らせ】3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震の影響を受け、イベント日程が10月に延期されました。

日本デー(Japan-Tag、ヤーパンターク)は、毎年5~6月に、ドイツ・デュッセルドルフで開催される一大日本イベントです。在デュッセルドルフ日本総領事館とドイツ州政府の共催で2002年から始まり、今年で9回目。2008年には、なんと150万人が訪れ、日本関連のイベントとしてはヨーロッパ最大となっています。会場となるライン川河畔には、着物や生け花、武道などの伝統文化から、アニメ・音楽・モードなどのポップカルチャーまで、様々な日本文化の紹介や物販テントが並び、夜は、欧州で唯一日本の花火師が打ち上げる花火大会でイベントを締めくくります。

ブース出展のお申し込みは締め切りました。 募集要項はこちら(PDF)
※お申し込み締め切り日:2010年6月10日(土)

+++ ブルク会場(メイン広場) +++
広場の周辺には、寿司、焼き鳥、焼きそばなどの屋台が並び、特設舞台では、日本舞踊や太鼓、阿波踊りなどのステージが開催される。

+++ ポップカルチャーゾーン +++
マンガやアニメグッズ、コスプレアイテム、音楽CD、ゴスロリアクセなどのお店が並ぶ、コスプレやゴスロリファッションに身を固めたドイツ人の若い子たちが集まるゾーン。舞台では、コスプレコンクールやファッションコンテスト、カラオケ大会といったアクティビティに加え、日本のミュージシャンのライブも行われる。

+++ その他 +++
ライン川沿いの遊歩道では、各種日本文化紹介・展示・販売テントが並び、スポーツ舞台では、柔道、剣道、弓道、空手、なぎなたなどのデモンストレーションが行われる。さらに芝生広場では、侍のファン団体、侍グループ武田による陣も出現。ライン川沿いの会場以外にも、市内の各所で関連行事が催される。

イベント公式サイトでプログラムをチェックしよう! http://www.japantag-duesseldorf-nrw.de/

<2010年の写真>
会場風景&スナップ / コスプレ&ファッションスナップ