なんとスロバキアでもマンガイベントが!

現地からの貴重なイベントレポートをお届けします!

スロバキアの首都ブラチスラバで、9月11-13日にアニメ・マンガのイベントコミックサロンが開かれました。スロバキアはオーストリアの隣に位置する中欧の小さな国で、アニメ関連のお店の数も多くありませんが、ここ数年アニメや漫画は人気を集め続けています。  このイベントには国中からアニメやマンガ、SF映画のファンが集まり盛り上がりました。イベントはブラチスラバ市内の文化会館施設で行われ、3日間の総入場者数は9000人。アニメ・マンガの販売、日本文化紹介、SFファンタジー物のグッズ販売、アニメ上映、ゲームコーナー、ステージでのカラオケ大会など盛りだくさんの内容でした。日本大使館も協賛参加として寺尾聡主演「半落ち」、アニメ映画「ガラスのウサギ」など5本の映画を上映しました。

会場はコスプレの若者たちで一杯、目玉の大ホールでのコスプレショーではメイドやキャラクターのコスプレをした参加者に沢山のカメラのフラッシュがたかれていました。グッズ販売ではスロバキアではなかなか手に入らない日本風の扇子が人気、手軽な値段で購入できる日本風のものの需要が高かったようです。  2日目に行われたカラオケ大会では、スロバキアの若者たちが日本のアニメソングを流暢な日本語、さらには振りつきでも熱唱、大ホール約400席はほぼ満席で観客は歌にあわせてウエーブを作ったりペンライトを振ったり、1時間があっという間に過ぎていきました。

マンガは残念ながらスロバキア語に翻訳されたものはほとんどなく、スロバキア語にとても似ているチェコ語に翻訳されたものか、英語の翻訳を読む人がほとんどだといいます。特に人気を集めているのは時代劇や侍物。木刀でちゃんばらをするコーナーでは木刀を振り回す人たちが一杯。でも節度を守って、みんなケガはないようでした。
イベントは、アニメ・マンガ関連のイベント企画会社、アニメクルーが主催、2004年から始めたこのイベントは今年で6回目。入場者数も年々増え続けているということです。今年のブース出展者数は15社でしたが、今後もっと多くのブース参加を得たいということで欧州各国、日本など海外からの出展も歓迎したいということです。来年は2010年3月のアニメショー、9月のコミックサロンを今のところ計画準備中、興味のある出展者はぜひ連絡してくださいということです。

イベントHP:

Festival AnimeSHOW 2009
Festival COMICS SALON 2008
OZ AnimeCrew