201148

パリ サンポール

マリリーズ  英語翻訳者への道を邁進中!

Q.あなたについて教えてください

昨日、二十歳になったばかりです。パリ郊外に家族と暮らしています。兄弟は、兄と妹。昨日は家族で誕生日を祝ったんです。この週末に、友達とパーティーの予定。

現在、大学二年生。英語を学んでいるの。授業は全て英語で行われます。


Q.英語が好きなんですか?

語学はずっと好きです。英語の他には、以前スペイン語、イタリア語、今は中国語も学んでいます。親友が中国語を勉強していて、台湾に留学しているの。彼女のところに遊びに行くのに、私も喋れるといいでしょ?

15歳の時、こちらの学校に馴染めなくて、友達とその家族のいるイギリスに9ヶ月間滞在したんです。ロンドンの北部でした。だから英語は問題ないの。今も、2ヶ月に一度のペースで訪れています。英語オンリーの授業だから、訓練も兼ねて、映画を見るときは字幕吹き替えなしのものを見るようにしています。あと、シャーロック・ホームズを英語で読み始めたところなの。全話入った本だから、お得だけれど、持ち歩くには重いのよね(笑)



Q.シャーロック・ホームズが好きなんですか?

そういうわけではないの。一番好きな本は『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』です。フランス語でも、英語でも読んだわ。大学の授業はマスターコース(修士)から、細分化されるのだけど、翻訳コースを取るつもりなんです。もうすぐ、そのコースの特別クラスへ入れるかどうかの選抜テストがあって、倍率も高いから、少しストレスを感じてるわ。ゆくゆくは翻訳者になりたいからね。このテストが終われば、余裕も出てくるから、中断している他の言語を再開したり、大学の交換留学制度でイギリスかスコッドランドに留学したいと思っています。


Q.週末はどう過ごしていますか?

友達と映画に行ったり、「なりきりゲーム」クラブに参加したり。役割カードがあって、その役になりきって、他の人と会話を進めていくの。舞台の上ではないけれど、演劇みたいにね。それから、読書や裁縫。


Q.コスプレの衣装作製?

コスプレはしません。母が服の仕立てができるから、小さい頃からそれを見ていました。自分のスカートやTシャツを作ったり、イベントに行く用の服を作ったりします。ヨーロッパのモードや、時には日本のモードも参考にします。



Q.漫画やアニメのイベントにはよく行きますか?

よく行っていました。ジャパンエキスポ、パリマンガ、その他にもパリ近郊のものに。初めて読んだ漫画は『鋼の錬金術師』。テレビアニメをやっていて、面白いなと思ったけれど、ストーリーがもう進んでいて、最初を逃したんです。友達にそのことを話したら、漫画を貸してくれることになって。それで初めて読みました。他には『BLACK LAGOON』のDVDをイベント会場で買いました。


Q.ショッピングはよくしますか?

それほど。月に50~100ユーロで賄えるようにしています。昼食代なども込みで。ただ、大学がサンポールだから、ここからシャトレまでの道は、たくさんブティックがあって楽しいですね。


Q.スポーツは?

水泳やダンスなどします。新体操を12年間やっていました。競技会だ何だと忙しいので止めてしまったけれど。2年ほどダンスをしなかったら、すごく恋しくなって、今はクラッシックダンスをやっています。現在、恋人はいないけれど、付き合うなら、スポーツ好きの人がいいですね。

Q.かばんの中身を見せてもらえますか?

いいですよ(笑)大学で使うノートやプリント。カメラ(急に遊びに行くことが決まった時のために。)サングラスと眼鏡。化粧ポーチ(特にお気に入りのブランドはないけれど、自然化粧品のYves Rocherはよく使います。)シャーロック・ロームズ!思いついたことを書くためのノートにタバコ。ベビーシッターをしている子の絵。家族に渡すのを忘れちゃったの!

Q.最後に、座右の銘は何ですか?

Quand on n’essaie pas, on perd toujours. 「努力しなければ、常に敗れる」


 

ダンスの影響かすっと歩く姿が素敵なマリリーズ、そんな真直ぐの線が、
彼女の将来への考えにも垣間見えたインタビューでした。